ライオンズクラブ国際協会330-C地区 越谷ライオンズクラブ

ライオンズクラブとは?

ライオンズクラブ国際協会は、1917年、アメリカのシカゴ市で誕生しました。
創立者メルビン・ジョーンズは実業家の団体が単なる商売上の、あるいは社交上の集まりにとどまらず、社会のための有益な団体にならないかを考えて各種団体に呼びかけ、社会奉仕団体の結成を計画しました。
ここに正式に「ライオンズクラブ国際協会」が結成されました。

1920年、カナダのオンタリオ州ウィンザー市にアメリカ国外第1号のライオンズクラブが結成され、名実ともにこのとき、協会は「ライオンズクラブ国際協会」になりました。

日本では、1952年(昭和27年)3月、フィリピンのマニラ・ライオンズクラブによって、東京ライオンズクラブが誕生し、その後、全国に3、339クラブが結成され、現在世界第3のライオンズ国となっています。

目的

社会奉仕活動(アクティビティ)を職域や個人で行うだけではなく、ライオンズクラブという団体を組織し、チームワークを発揮して行うことによって、有意義な効果をあげることができるように組織された団体です。

スローガン

自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる。

モットー

We Serve われわれは奉仕する。

ライオンズの誓い

われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する。

組織

ライオンズクラブは、「ライオンズクラブ国際協会」という世界最大の社会奉仕団体に所属する単位クラブです。
全世界では44,700クラブ,1,375,329人の規模をもっていますが、日本は世界第3の規模で3,339クラブに142,388人の会員数です。
また、それぞれの単一クラブは地域の名を冠してその名称とし、単一クラブは多少の違いはありますが、30人から60人ぐらいの人員で構成されています。
越谷市へは1975年(昭和50年)10月7日に、全国1960番目県内33番目として、越谷ライオンズクラブが第一号として誕生いたしました。

会員

豊かな知性と道徳心の持ち主で、地域社会で声望のある成年の男性および女性は、会則にしたがいライオンズクラブの会員になる資格があります,ライオンズクラブの会員になるには、当クラブ会員が推薦者(スポンサー)となって手続きを進めます。
入会に当たっては入会金を納入します。また、会員はクラブの請求にしたがい年間会費を支払います。
この会費には、クラブの運営費、月2回行われる例会費および奉仕活動の事業資金である事業費を含んでいます。